当院について

ごあいさつ

「まごころとほほえみをもって、やさしいいたわりと思いやりをこめて」

当院は、1953年に故大畑総院長が当地にて大畑医院を開設して以来、「まごころとほほえみをもって、やさしいいたわりと思いやりをこめて」を院是として、永きに亘り“かかりつけ医”として、地域の皆さま方にご愛顧いただき、質・規模ともに成長を遂げてまいりました。

上板橋病院としては1959年に開院し、特に、1965年に国立伊東温泉病院の伊藤久次院長(当時)が、リウマチ外来を開始したところから、「リウマチ専門病院」としての顔を持ち、1989年には「日本リウマチ学会教育施設」として国内の第一陣で認定を受け、今日まで外来・病棟ともに、リウマチ学会認定指導医及び専門医によるリウマチ診療が連日行われています。

2010年12月には全面建替えにより、一般及び療養の病院として新装再開院いたしました。
2015年12月には回復期リハビリテーション病棟を開始し、365日のリハビリを提供するとともに、2017年2月より救急医療機関となり、同時に開始した「地域包括ケア病床」では、地域から幅広く患者さまを受入れいたしております。また、入院患者さまのご自宅への退院を支援させていただく一方、通所リハビリ、訪問リハビリ、訪問看護、介護支援等の在宅での介護サービスも整えております。

上板橋病院は、急性期から回復期、慢性期までの診療体制を備えて、応急対応、在宅復帰、長期療養等、今後益々多様化する患者さまのニーズにお応えすることにより、患者さまから愛され、信頼と満足を高めることができる「地域密着のマルチ機能型地域連携病院」となれますよう、努力してまいります。

上板橋病院の歩み

  • 1953年 故大畑信子総院長が大畑医院開設
  • 1959年 上板橋医院開院
  • 1960年 上板橋病院に改名
  • 1964年 医療法人上板橋病院に改組
  • 1979年 医療法人慈誠会に改組
  • 1989年 『日本リウマチ学会教育施設』(NO-7)に認定
  • 2007年 建替えのため休院
  • 2010年 12月全面建替えし、新装開院
  • 2015年 回復期リハビリテーション病棟開始
  • 2017年 地域包括ケア病床を設置
上板橋病院
トップへ
戻る