リウマチ科・内科・リハビリテーション科・整形外科・耳鼻咽喉科|上板橋病院 | 上板橋病院

リウマチ科・内科・リハビリテーション科・整形外科・耳鼻咽喉科|上板橋病院

診療科のご案内

リウマチ科 内科 リハビリテーション科 整形外科 耳鼻咽喉科

リウマチ科

CTなどを使用し病気の早期発見が可能。
専門のリウマチ科を軸に科を超えて合併症もケア

完治の難しい関節リウマチだが、腫れや痛みはコントロールできるなど、治療は大きく進歩している。特に病気の初期から治療を始めれば、関節の変形に至らないよう進行も抑えられるという。そのために重要なのは、早期発見。上板橋病院には、リウマチ診療の専門家である日本リウマチ学会リウマチ専門医が2人常駐し、CT検査などの画像診断、炎症の程度を調べる血液検査、患者本人への症状の聞き取りなどを総合して、適切に診断する体制を整えている。また治療に生物学的製剤を用いるときや、高齢の患者の場合などは合併症も心配されるが、同院ではリウマチ科を中心に内科、整形外科など複数の診療科で連携して対応している。

CT

院内のCTは必要なら当日検査も可能。このほかMRIなど高度な検査機器がそろう

小出純 理事長

小出 純 理事長

プロフィール

1981 年慶應義塾大学医学部卒業。リウマチ・膠原病を専門として、大学病院などで診療。関節リウマチの病因解明の研究にも携わる。1998 年、リウマチの専門治療で知られる上板橋病院の院長に就任。2017 年1 月から現職を兼任。日本リウマチ学会リウマチ専門医・評議員。内科医学にも造詣が深い。

リウマチ治療は、ここ十数年で関節リウマチの研究は大きく進み、現在では早期の発見と治療によって、関節の腫れや痛みもかなり制御できるようになりました。薬など治療の選択肢も増え、適切に治療すれば発症前のように仕事や家事を続けることも十分可能です。また検査も各段に進歩し、1つの関節が腫れた程度の状態でも、MRIや超音波検査による画像診断や血液検査などをふまえ、総合的な診断から関節リウマチを見つけられます。そんな中、当院の強みは、早期発見を念頭に、患者さんの生活も考慮しながら、検査から治療方針を固めていく点です。治療の選択肢は薬物療法や手術など多様で、特に薬は従来の抗リウマチ薬のほか、高い効果が期待できる生物学的製剤も用います。ただ後者は体への負担も大きいため、病気の進み具合、ご本人の年齢や体力、暮らし方の希望などをもとに、その方に合っているかどうか患者さんと医師が一緒に考え、納得して選んでいただくことが重要だと考えています。特に高齢の方はほかの病気もお持ちの場合が多く、合併症に注意した治療をおこなっていきます。ぜひ、心配なことがありましたらご相談ください。

細野治 副院長

プロフィール

1982年慶應義塾大学医学部卒業後、同大学内科学教室入局。1986年同大学院医学研究科修了。同大学病院、埼玉医科大学総合医療センター、東京大学医科学研究所附属病院等でも診療し、2016年10月から上板橋病院副院長就任。同院内科、リウマチ科担当医師。日本リウマチ学会リウマチ専門医、日本アレルギー学会アレルギー専門医、日本内科学会総合内科専門医。

細野治 副院長

上板橋病院のリウマチ科では質の高い医療と安心して通院できる地域の病院をめざして日々がんばっています。関節リウマチをはじめとした膠原病は治療薬も大切ですが、日常生活の注意や病気についての理解も病気のコントロールには必要不可欠です。そのため普段の診療において患者さんのお話しをよく聴いて、ともに治療を進めていくことが大切であることを私たちは十分に認識して診療にあたっております。患者さんにはご自身に適した治療を納得したうえで受けていただき、笑顔あふれる生活、人生をめざせるように私たちがお手伝いできればと思っています。

紹介医療機関の先生方へ

上板橋病院のリウマチ科では関節リウマチをはじめとする膠原病の患者さんなど、免疫の異常がかかわる疾患をお持ちの患者さんを対象に、外来ならびに病棟で看護師、整形外科医師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカーらとも密接に連携し、患者さんの目線に立って診療を行っています。また、専門の医師による質の高い医療を多くの患者さんに還元できるよう努めており、患者さんが安心して治療を受けて頂けるように医院・クリニックと大学病院・総合病院間のリウマチ診療のハブ病院として地域連携の充実も図っています。セカンドオピニオンや医療相談などにも対応していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

内科

糖尿病治療など専門性の高い診察まで幅広く対応
より身近なかかりつけ病院として地域の健康をまもる

一般の外来を中心に、患者の症状を丁寧に聞きながら、幅広い診察・治療に努めている。なかでも糖尿病治療には力をいれており、専門性高く治療・予防にあたっている。例えば、2ヵ月に1度、地域の人たちを対象に開催する糖尿病教室など、糖尿病についての一般的な知識から、治療・予防法にいたるまで、地域の人たちの理解が深まるよう啓発活動も行っている。一方、慈誠会グループの健診施設と連携しながら、健康診断結果に基づいた二次診断機能も担い、とぎれなくスムーズに治療・予防につなげられるような役割も果たしている。診療内容によって、より専門性が必要な場合には、連携している総合病院への紹介も行う。

今井富彦 医師

今井 富彦 医師

プロフィール

1996年埼玉医科大学卒業後、同大学旧第4内科(現・内分泌糖尿病内科)入局。2000年同大学院修了。その後、同大学病院内科助手、非常勤講師を経て埼玉県内、東京都の病院、診療所で診療。2009年に上板橋病院非常勤、2015年4月から同院内科常勤医として勤務。日本糖尿病学会糖尿病専門医、日本糖尿病協会療養指導医。

紹介医療機関の先生方へ

当科は、急性疾患により入院治療が必要な患者さまから、糖尿病のような慢性疾患をかかえた患者さままで、幅広く対応をしております。当院は入院施設を有し、訪問看護・訪問リハビリテーション・通所リハビリテーションなど、介護サービスも整えているため、地域の中で包括的に患者さまの健康を見守ることができると自負しています。

リハビリテーション科

急性期から回復期、生活期までを切れ目なく支援
安心してリハビリテーションを受けられる体制を整える

急性期から回復期、そして生活期(療養や在宅生活)まで、包括的なリハビリテーションを実施する上板橋病院のリハビリテーション科。急性期リハビリでは、さまざまな病気を抱えた患者が多く来院するため、身体への安全に留意。各専門分野のスタッフが常勤し、安心かつ効果的なリハビリができるよう努めている。回復期リハビリでは、休日リハビリテーション提供体制加算、リハビリテーション充実加算をそれぞれ取得。身体機能回復のゴールデンタイムに見合うリハビリの提供をめざしている。退院後、在宅生活を送る患者には、家族の希望も考慮した通所リハビリ・訪問リハビリでのサポートも行っている。

紹介医療機関の先生方へ

当科は長年にわたり地域のリハビリ事業やリウマチ患者に携わってきたため、装具療法や自助具など、患者さまらしく生活するために必要な物品を提案できる経験豊富なスタッフが多 く在籍しています。ご希望に応じて行う退院前の家屋調査では、ご自宅の状況により「どの ようなリハビリが必要なのか」「どのような改修が必要なのか」を検討・提案。現在まで蓄積されたノウハウを生かして、退院後も効果的なリハビリができるよう努めています。めざ すのは、機能改善や日常生活動作改善、情報共有を通した早期回復・早期退院の実現です。 患者様とご家族の切実な声に応えられるよう、最適なリハビリテーションを打ち立て、精一 杯努力いたします。

整形外科

当院は主に膝関節等の変性疾患、骨粗鬆症、肩こり、腰痛、骨折、捻挫等の外傷、交通事故、スポーツ障害などの疾患を扱っておりますので、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。安心と信頼もって、気軽に受診していただけるよう心がけております。

耳鼻咽喉科

一般的な耳鼻科の症状やめまいなどについてお困りのことがございましたら、ご相談ください。患者さまとご相談の上、ご要望にそった診療・わかりやすい説明を行うよう心がけています。当院では鼻・喉の内視鏡による診察、レントゲン、CT、MRI、アレルギー検査(血液検査)などを行うことができます。また、補聴器についてもご説明いたしますので、お気軽にご相談ください。

【個人情報の取り扱いについて】
患者様の診療に関する情報は、学会症例発表や臨床実習等に利用させていただく場合があります。
患者様個人が特定できないよう配慮させていただきますが、ご了承いただけない場合には、その旨お申し出ください。

トップへ
戻る